スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑

ブログの便利な機能を使いこなす

ツボ10 手軽に更新できるブックマークレットを使う


ココログやMovableTypeなど多くのブログには、現在見ているページのリンク作成しつつ、手軽に記事投稿できるブックマークレット(クイック投稿)という機能があります。
使い方は簡単で、ブラウザ上で右クリックをして「クリック投稿」などのメニューを選ぶと、すでにリンクを張られた投稿フォームが表示されるので、そこから記事を書いて投稿することができます。
いちいちリンクを作成する手間が省け、ブログにログインする必要もなくなるので、気軽に投稿できるようになります。
スポンサーサイト

テーマ:初心者のアフリエイト - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/23 03:01】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

ブログの記事投稿フォームを使いこなす

ツボ9 投稿用ツールを使いこなし簡単にリンクを張る
ブログの記事投稿用フォームには、文字を太文字にしたり、引用文の作成、リンクなどのタグを簡単に作成できる便利なボタンがあります。
これらのボタンを利用しないで直接タグを書き込むこともできますが、アフィリエイトページの場合は頻繁にリンクを作ることが多いだけに、活用して作業の手間を減らしたいところです。
また、HTMLのタグの知識を一切持たない人でも、文字フォントを変更できるので、投稿内容にメリハリを付けることができます。


■タグ
文字に挟み込むことで、文字の大きさを変えたり、色を付けたりさることができるもの。
リンクを張る場合にも必要。

テーマ:初心者のアフリエイト - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/23 01:46】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

サイトの内容とデザイン

ツボ8 テンプレートでデザインを変える



多くのブログはCSSと呼ばれるデザイン用のファイルを差し替えるだけで、記事の内容は一切変えず、簡単にデザインをがらりと変更することができます。

上級者向けですが、CSSを自由にカスタマイズできるブログであれば、フリーで配布されているブログ用CSS素材などを利用してオリジナルティのあるデザインにできます。

CSSを自由に扱えないブログサービスでも、多くのサービスがデザインテンプレートという名前でデザインを簡単にできるようになっています。

デザインテンプレートは、頻繁に追加されることが多いので、ブログ絵全体のイメージに合ったものを探しましょう。




■ココログやブログ人など、MovableTypeをベースにしていつブログの場合は、ファイルに互換性があるのでCSS素材が豊富です。

テーマ:ブログとアフィリエイトのテクニック - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/22 02:13】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑

アクセスアップのための手法

ツボ7 相互リンクを利用してコミュニティを広げる


アクセスアップのスタンダード手法である相互リンクはブログでも有効です。
トラックバックの数をこなしたところで、トップページではなく各記事しかリンクされません。
しかし、相互リンクならば、トップページにリンクされるので、効果が高いといえます。


ブログによってリンクの名前は異なります。
相互リンクの相手はやはり同じジャンルのサイトがよいといえます。
いきなりメールで相互リンクのお願いをしても失礼なので、コメントなどでやり取りをしてから、お願いする方がよいといえます。


逆に、ほかのサイトから相互リンクの依頼があれば積極的に受けた方がよいといえます。



→アフィリエイト収入講座はコチラ

テーマ:ブログとアフィリエイトのテクニック - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/22 01:17】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

集客アップのために。。。

ツボ6 トラックバックを活用して集客アップ


トラックバックとは、他人の記事に自分宛のリンクを張ることができるブログならではの面白い機能です。
トラックバックの便利さがイマイチ分からず放置している人も実際には便利な機能なので、活用した方がよいといえます。


トラックバックは相手のブログから自分のブログにリンクを張ることができます。
しかも、話題に関連性があればそこから訪れる人も多くなります。

また、トラックバックには、検索エンジン対策としても大きなメリットがあります。
Googleを始めとする検索エンジンは、多くのリンクを受けているページを、検索した時に上位に表示する仕組みになっています。
トラックバックによって、多くのページからリンクが張られていれば、それだけ検索エンジンで上位にヒットする可能性が高くなります。

ただし、最近の流れとしてコメントやトラックバックのリンクに『rel=”nofollw”属性』を入れているブログが増えてきています。
この属性が入っている場合、Googleなどの検索エンジンはリンクとしてカウントしなくなります。
もちろん『rel=”nofollow”属性』があったところで、トラックバックにデメリットがあるわけではないので、活用するほうがよいのです。

しかし、むやみやたらにトラックバックしまくることは「トラックバックスパム」としてマナー違反となるばかりか、相手側からアクセス禁止なのど措置を受ける可能性もあります。
注意しましょう。

 

■ rel=”nofollow”属性 ■
コメントスパム防止の機能。
リンクタグに入っていると、検索エンジンがリンクの数として数えず、無差別な宣伝活動をしているサイトが、検索で上位表示されることを防ぎます。






アフィリエイター伊藤氏が『真に稼ぐアフィリエイト』ノウハウ大公開!アメリカ発のCTPMの法則、成功4つのポイント、明日から稼ぐ手法満載

ライブドア大学 副収入100万円を稼ぎ出すアフィリエイター養成講座

テーマ:アフィリエイト~はじめの第一歩~ - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/21 03:12】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(4) | コメント(1) | page top↑

アフィリエイトで収益を高めるツボ

アフィリエイトで収益を高める10にコツ



ツボ5 コメントにはマメな返信を!スパムコメントは即削除!


コメントはブログ管理者と訪問者をつなげる重要な機能のため、コメントには丁寧に対応したほうがよいのです。
できれば相手のブログを訪問して、返事を書くくらい丁寧に対応しましょう。

また、コメントにはメールアドレスの入力を必須にするか、任意にするか設定できるタイプのブログが多いが、ココログなど、MovableTypをベースにしたブログの場合は、初期設定ではメールアドレスの入力は必須になっています。
たくさんのコメントを求めるのであれば、メールアドレスの入力は任意にしておき、訪問者が投稿しやすい環境にしたほうがよいです。

また、コメント欄を使い無差別に広告書き込みを行うスパムコメントもブログを運営していれば出会うことがあります。
スパムコメントが残っていると管理の甘いブログだと思われがちなので、見つけたらすぐに削除しましょう。



□コメントの返信は、地味な努力だけどリピーター獲得につながります。

テーマ:ブログとアフィリエイトのテクニック - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/16 01:13】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

アフィリエイトで収益を高めるためのツボ

アフィリエイトで収益を高める10のツボ



ツボ4 リピーターが付くようにマメな更新を!


ブログは多くの情報を持つデーターベース系のサイトと違い、マメな更新がキモといえます。

ブログは常に最新情報がトップページに来るシステムだけに、更新されない時間が長いと、リピーターは減る一方になります。

逆に、更新頻度が高ければ、トップページの記事も毎回ガラリと変わってくるので、毎日のように訪れてくれるリピーターが増えてきます。

また、新記事を書くことにより、Ping送信による更新情報が通知できるメリットもあります。

テーマ:ブログとアフィリエイトのテクニック - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/16 00:14】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

Ping送信でアクセスアップ

アフィリエイトで収益を高める10のつぼ



ツボ3 Pingを送信して集客アップ

Ping(もしくはピンと読みます)とは、ブログを更新する時に、記事のタイトルと内容の要約データーを外部サイトに送信する機能です。

簡単にいえば、「ブログを更新しました~」という合図を、ブログの更新情報を集めているサイト(Pingサーバもしくはトラックバックセンター)に更新するたびに掲載することができるということです。

訪問者から見れば、Pingサーバに行けば更新されたばかりのブログを簡単に見つけることができるメリットがあります。

Pingサーバの設定をしておけば、更新すればするだけ更新情報が掲載されることになり、多くの訪問者が期待できます。

逆に、Ping送信の設定をしていないと、登録しているブログサイトにしか更新情報が掲載されないので、新たな訪問者を獲得しにくいといえます。

Pingの送信先は複数指定できるので、主なPingサーバにぜひ登録しましょう。




Ping送信先URLアドレス
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.blogmura.jp/rpc/
http://ping.myblog.jp
http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC
http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates
http://ping.bloggers.jp/rpc/
http://blukfeeds.net/rpc
http://ping.exblog.jp/xmlrpc
http://ping.amagle.com/

*このままコピー&ペーストでPing送信先が設定できます。

テーマ:アクセスアップ - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/14 01:35】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

「タイトル」で検索エンジン対策

アフィリエイトで収益を高めるための10のツボ


ツボ2 タイトルは分かりやすくして検索エンジンのヒット数を上げる


ブログのタイトルはもちろんのこと、各記事ごとのタイトルも非常に重要です。

訪問者がタイトルのリストを見た時すぐに内容が把握できるだけでなく、検索エンジンに引っかかりやすいキーワードを選ばなければなりません。

ブログは検索エンジンに最適化された、いわゆるSEO(検索エンジン最適化)向けの仕組みになっていますが、中でもタイトルのキーワードは重要な役目を果たします。

ブログは、各記事を独立1つのページとしても表示できます(パーマリンクと呼びます)。

そのため、多くのユーザーはブログのトップページからではなく、検索エンジンから各記事に直接やってきます。

その意味でも、検索エンジンにヒットしやすい記事のタイトルは重要になってきます。

ポイントとしては、固有の製品を紹介するならば、製品名を省略せずにタイトルにいれたほうがよいのです。

また、アルファベットが入るタイトルは、そのままURLにも利用され、検索エンジンで引っかかりやすくなります。

テーマ:ブログとアフィリエイトのテクニック - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/13 02:39】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

ブログ・アフィリエイターのための収益を高める10のツボ

ブログアフィリエイターのための
アフィリエイトの収益を高める「10のツボ」


ツボ1 記事のカテゴリ分けをきちんと行って見やすいサイトにする
ブログはHTMLの編集やFTPによるアップロードなどの手間がいらず、気軽に更新できるのが大きなメリットである反面、過去の記事が垂れ流しになってしまい、訪問者目的の記事を探しにくいというデメリットがあります。

しかし、投稿時に適切なカテゴリを指定しておけば、カテゴリごとの記事が一覧で表示されるようになるので、訪問者から見れば興味のある記事だけをまとめて読むことができて使いやすくなります。

例えば、フードのレビューを書いてアフィリエイトとして商品を紹介していることが中心のサイトであれば、「フード」というカテゴリで分けるのではなくて、「水産物」や「菓子」「フルーツ」などの細かいカテゴリをあらかじめ作成しておき、記事投稿時に必ず選択するようにするとよいでしょう。

そして、サイドバーにはカテゴリごとに表示させるリンクをつけておけば、初めて訪れる訪問者から見ても親切なブログとなります。





ゾクゾクするほど楽しく、アフィリエイトで収入を得てみませんか?
アフィリエイト収入講座はコチラ

テーマ:初めてのアフィリエイト - ジャンル:アフィリエイト

【2005/10/13 01:48】 | ブログ・アフィリエイターのための10のツボ | トラックバック(1) | コメント(1) | page top↑
| ホーム |

楽して稼ぎたい人は見ないでください。
この講座ではムリです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。